TikTokのビジネスアカウントとは?作成方法やマーケティング活用方法について解説 - 株式会社Value Bet|成果報酬型のリード獲得支援「syoudan」

TikTokのビジネスアカウントとは?作成方法やマーケティング活用方法について解説

TikTokのビジネスアカウントとは?作成方法やマーケティング活用方法について解説

前回、TikTokマーケティングについて解説を行いました。
そこで、TikTokとは?やマーケティング施策についてのご理解はいただけたかと思います。

今や、若年層だけではなく20〜30代、更には40代以降へのアプローチも可能となっており、これからもリーチを拡大するためのマーケティング施策として大きく貢献してくれるでしょう。
さらには、TikTokをマーケティングで活用することにより、いくつもメリットがあることも分かりました。

今回は、TikTokマーケティングの要である「ビジネスアカウント」について解説を行っていきます。
SNSマーケティングを行うのであれば、必要不可欠なビジネスアカウントの作成方法やマーケティングでの活用方法、ポイントなどをお伝えしていきますので、ぜひご参考にしていただければと思います。

TikTokのビジネスアカウントとは?

TikTokのビジネスアカウントとは?

TikTokでは、個人ユーザー向けの「個人アカウント」と企業やブランド向けの「ビジネスアカウント」の2種類を用意しております。
どちらのアカウントでも開設には費用は一切かかりません。

そして、今回お伝えしていくビジネスアカウントとは、企業やブランドが自由にクリエイティビティを発揮できるように、ビジネス活動に向けた機能を解放したTikTokのアカウントを指しております。
このビジネスアカウントは企業・ブランドだけでなく、個人事業主や一般の方でも利用することは可能です。

このビジネスアカウントを活用することにより、TikTokで企業やブランドが自身の価値を向上させることができ、成長したり成果を上げたりとマーケティングに活用できるアカウントとなっております。

TikTokのビジネスアカウントを活用するメリット

TikTokのビジネスアカウントを活用するメリット

TikTokのビジネスアカウントを活用するメリットとしてはいくつかありますが、主に以下の5つとなります。

  • 投稿動画・インサイトの分析
  • アカウントのカテゴリー選択
  • プロフィール情報の追加
  • TikTokノウハウを学習できるビジネスコンテンツガイドの利用
  • 動画ショーケースの閲覧

それでは、一つずつ詳細をお伝えしていきます。

投稿動画・インサイトの分析

ビジネスアカウントを利用するメリットの一つとして、投稿した動画やインサイトの分析を行うことが出来ます。

また、分析を行う際はTikTokアプリでも行えますが、データをダウンロードすることができるPCで利用することをおすすめします。

投稿動画分析

投稿した動画・コンテンツ毎のパフォーマンスを確認することができます。
リアルタイムで分析ができ、今後投稿する動画・コンテンツの内容を見直したり、戦略を改善したりすることが可能となります。

具体的には、以下の内容を確認することが出来ます。

  • 投稿した動画毎の再生された時間(合計)
  • 投稿した動画毎の視聴された回数(合計)
  • 投稿した動画毎の視聴された時間(平均)
  • トラフィックソース(参照元)の種類
  • 視聴ユーザーの所在地(国)

インサイト分析

アカウント・投稿した動画のアナリティクスを確認できます。
このインサイトを確認し分析することにより、アクセスの多い時間帯や曜日、ユーザーの属性などを確認すること可能です。

具体的には、以下の内容を確認することが出来ます。

  • 概要:アカウントの進捗分析
    ・動画の視聴数(直近7日・28日)
    ・フォロワー数の推移(直近7日・28日)
    ・プロフィールの表示回数(直近7日・28日)
  • コンテンツ:直近7日間の動画(投稿)分析
    ・直近7日間に投稿した動画
    ・直近7日間の人気上昇中の動画
  • フォロワー数:フォロワーの分析(※フォロワーが100名以上から利用できる)
    ・フォロワー属性

アカウントのカテゴリー選択

続いてのメリットとして、アカウントのカテゴリー選択が可能ということです。

(ビジネス)アカウントのカテゴリーを選択することにより、そのカテゴリーに対して興味関心の持ったユーザーにレコメンドされる(おすすめ欄に表示される)可能性が高くなるのです。

そして、選択したカテゴリーと動画の内容が合っているのであれば、ビジネスアカウントを伸ばしたり、動画を拡散したりするきっかけとなるでしょう。

ただ一方で、選択したカテゴリーと動画の内容が合っていない場合、レコメンドされおすすめ欄に表示されたとしても、視聴完了される確立は下がり動画の評価が落ちてしまい、結果としてアカウントが伸びなくなってしまうというリスクがあるので注意しておきましょう。

プロフィール情報の追加

ビジネスアカウントを開設しますと、プロフィール情報の追加をすることが可能となります。
その大きなメリットとしては、WEBサイトやECサイトなどの外部リンクを設置することが出来るという点です。

例えば、TikTok内で紹介している商品・サービスのLP(ランディングページ)を設置したり、ECサイトを設置したりすることにより、TikTokを経由したオンライン集客が可能となります。

個人アカウントの場合だと、フォロワー数を一定以上集めなければ、この外部リンクを設置することが出来ないため、最初から設置できることは大きなメリットと言えます。

ただ、TikTok上で投稿している動画とリンク先が関係のないものであれば、即離脱したり、コンバージョンに繋がらなかったりと効果が薄くなりますので、TikTokでどのような結果を求めているのかを設定し、その内容に沿った動画と外部リンクを設置するようにしましょう。

TikTokノウハウを学習できるビジネスコンテンツガイドの利用

ビジネスアカウントを開設すると、ビジネスコンテンツガイドを利用することが可能となります。
TikTokを活用して、企業やブランドをプロモーションするためのコンテンツ戦略やアイデア、投稿に最適な時間など様々なノウハウやヒントを学習することが出来るビジネスコンテンツガイドを利用することが出来ます。

公式のアドバイスになりますので、TikTokマーケティングを行うのであれば、ぜひチェックしてみましょう。

動画ショーケースの閲覧

動画ショーケースでは、企業・ブランドや個人のクリエイターが投稿した人気コンテンツがピックアップされており、閲覧をすることができます。これもビジネスアカウントの大きなメリットと言えます。
今のコンテンツのトレンドを分析・把握することができ、自社のTikTokマーケティングに活用することが可能です。

TikTokのビジネスアカウントを活用するデメリット

TikTokのビジネスアカウントを活用するデメリット

TikTokのビジネスアカウントを活用することのメリットが様々あることは、わかりました。
では、デメリットはないのでしょうか?

無料でアカウントの開設ができ広告等を出稿しなければ費用もかからないため、デメリットがないように感じますが、実は1つだけデメリットがあります。

人気の楽曲を使いたい場合でも商用ライセンスがなければ使えない

TikTokのビジネスアカウントを開設しますと、「商用楽曲ライブラリー」を活用することが出来ます。
商用楽曲ライブラリーとは、商用可能なライセンスを取得した楽曲のライブラリーとなっており、ライブラリー内の楽曲は動画投稿の際に全て商用での利用が可能なため、著作権侵害などのリスクを避けることができる機能となっております。

ただ、反対に商用可能なライセンスを取得していない楽曲を使うことが出来ないのです。

どれだけ、TikTok内で流行っている楽曲を使いたい場合でも、動画投稿ができない可能性が高いです。
そして、投稿できた場合でも著作権侵害などのトラブルの原因になる可能性も高いため、人気のある楽曲でも商用ライセンスがなければ投稿できないというデメリットがあります。

ただ、先程お伝えしたとおり「商用楽曲ライブラリー」内の楽曲を使う分には、全く問題になりません。自社でライセンスを取得する手間などもありませんし、商用可能な楽曲は50万曲以上ありますので、リスクを負わずに投稿できます。

TikTok ビジネスアカウントの設定方法

TikTok ビジネスアカウントの設定方法

それでは、TikTokのビジネスアカウントの設定方法について解説していきます。
設定は非常に簡単で、大きく3ステップです。

それぞれお伝えします。

ステップ①:TikTokをインストール・アカウント登録

ステップ①:TikTokをインストール・アカウント登録

まずは、TikTokのアプリを、「App Store」か「Google play」からインストールします。

インストールが完了しましたらTikTokアプリを開き、最下部にあるメニューの「プロフィール」をクリックします。
そうすると、TikTokに登録という画面が表示され、登録方法を選択できます。登録方法は以下の通りです。

  • 電話番号またはメールアドレス
  • LINEアカウント
  • Twitterアカウント
  • Googleアカウント
  • Facebookアカウント

今回は、メールアドレスから登録しましたが、どの選択肢でも画面に沿って行えば簡単に登録することが出来ます。
入力が完了しましたら、アカウント作成完了となり、ステップ①終了です。

ステップ②:ビジネスアカウントへ切り替え

ステップ②:ビジネスアカウントへ切り替え

ステップ①が終了しましたら、アカウントが作成され、プロフィール画面が表示されます。(表示されていない場合は、画面最下部にあるメニューの「プロフィール」をクリック)

プロフィール画面の右上にあるメニューアイコン(横線が3つのボタン)をクリックした後、「設定とプライバシー」をクリックします。
設定とプライバシーの画面の一番上にある「アカウント管理」をクリックして、「ビジネスアカウントに切り替える」をクリックします。

そうするとビジネスアカウントの特徴が表示されますので、「次へ」をクリックし、自社・ブランドのカテゴリーを選択し、「次へ」をクリックしたら、ビジネスアカウントへの切り替えは完了です。

この際のカテゴリーは、自社やブランドのビジネスモデルにマッチしているものを選択しましょう。カテゴリーの選択をすることにより、カテゴリーにカスタマイズされたイベント・コンテンツ、ソリューションを活用することが出来ます。

ステップ③:プロフィール設定やコンテンツ制作

ステップ②までが、TikTokのビジネスアカウントの設定となります。
ここから、自社・ブランドに合わせたプロフィールの設定やコンテンツ制作を行っていきましょう。

TikTok ビジネスアカウントで成功するためのポイント

TikTok ビジネスアカウントで成功するためのポイント

それでは、最後にTikTokのビジネスアカウントを活用して成功するためのポイントを4つに絞ってお伝えしていきます。
具体的には、以下の4つになります。

  • ターゲット・ペルソナの設定
  • ターゲットに沿った独自性のある動画制作
  • プロモーションと感じさせない動画
  • 1日1投稿

それぞれ解説をしていきます。

ペルソナの設定

マーケティング活動を行う上では当然のことですが、TikTokのビジネスアカウントを運用する際にもしっかりと、ペルソナの設定を行いましょう。

しっかりと、ペルソナを設定してコンテンツ・動画制作を行うことにより、拡散されやすくなったり、いいねなどのエンゲージメント数を向上させたりすることができます。

重要なことは、しっかりとペルソナの設定を行うということです。
例えば、化粧品をプロモーションしたいとして、ざっくりと「化粧に興味関心のある女性」とターゲット設定をするのではなく、自社商材を購入する典型的なユーザー像を事細かく設定をしていきます。
それこそ、年齢や性別・居住地・勤務内容・趣味趣向など様々な情報を設定して、あたかも存在しているかのようにペルソナの設定を行っていきます。

ペルソナを設定した後は、そのペルソナが好みそうなコンテンツや動画を投稿していき、コンバージョンやインサイトを分析しつつ、改善を行っていきます。
そうすることで、視聴数やフォロワー数、アクション数が向上していくでしょう。

ペルソナに沿った独自性のある動画制作

今やTikTokは多くのユーザーに利用されているSNSプラットフォームとなっており、ある程度の業界やジャンルの動画は投稿されていると考えたほうが良いでしょう。

そのため、今から新規参入をして、その他のユーザーと同じような動画・コンテンツを投稿したとしても、「見たことある動画だ」と流されてしまう可能性が高いです。

その為、前述したペルソナに沿った独自性のある動画を制作することを心がけましょう。
類似業界やターゲット層が似ている人気のあるアカウントを見て、「どのような動画が人気で、その理由は〜〜で…」と分析を行っていきます。
そして、その中から自社でも真似できそうな点を取り入れて、独自性のある動画・コンテンツを制作していきましょう。

プロモーションと感じさせない動画

ビジネスアカウントといっても、すべての投稿が商品・サービスの紹介動画であれば、ユーザーは広告だと思いすぐに視聴を辞めるでしょう。
その為、一般のユーザーやTikTokerが投稿しているような動画の制作を心がけましょう。

動画のテイストやデザインはもちろんのこと、楽曲やハッシュタグ等を考慮して動画制作を行っていくことで、閲覧やアクションされる確率は伸びるでしょう。

1日1投稿

コンテンツマーケティングと同じですが、TikTokでも1日1投稿することで、フォロワー数が増加しやすくなります。
さらに、投稿した動画の数が多くなればなるほど、分析の材料も増えPDCAを回しやすくなります。

自社運用が難しい場合、運用代行してもらう

リソース不足やノウハウ不足によって、自社でTikTok運用が難しい場合もあるでしょう。
その場合は、TikTok運用を代行してもらうというのも戦略です。

TikTok運用代行のおすすめの会社は、【TikTok運用代行】おすすめ会社7つを徹底比較!!で詳しく紹介しておりますので、ぜひチェックしてみてください!

TikTokビジネスアカウントは無料で利用できる為、今からでも設定しましょう!

TikTokビジネスアカウントは無料で利用できる為、今からでも設定しましょう!

今回は、TikTokビジネスアカウントについて解説を行ってきました。
無料で利用でき、様々なメリットを得ることが出来るビジネスアカウントを活用しないと損だと感じていただけましたか?

10代のみが活用しているSNSプラットフォームであれば、活用できるビジネスモデルは絞られると思いますが、今やビジネスパーソンも利用しておりますので、幅広い業界での活用が見込めます。

今なお活用されていない企業・ブランドはこれを機にビジネスアカウントを開設し、運用してみても良いかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました