Instagram広告とは?費用や出し方、広告の種類について徹底解説

Instagram広告とは?費用や出し方、広告の種類について徹底解説

今や若年層だけでなく、幅広い年代のユーザーが利用しているInstagramですが、Instagram広告の効果はどうなんでしょうか?
その他のWEB広告を出稿している企業で、Instagramに広告を出そうとしている企業は多いかと思いますが、「費用はどうなのか?」や「若者にしかリーチできないのでは?」と疑問を持っている方も多いと思います。

そのため、今回はInstagram広告について基礎知識や特徴、費用、メリットなど徹底的に解説を行っていきますので、ぜひご参考にしていただければと思います。

その他Instagramマーケティングについて知りたい方は下記記事も合わせて御覧ください!

Instagram(インスタグラム)とは

Instagram(インスタグラム)とは

Instagram(インスタグラム)とは、Meta Platformsが運営をしている写真や動画を投稿できるSNSプラットフォームです。
幅広い年齢層で利用されており、「インスタ」という愛称で呼称されております。
全世界で月間アクティブユーザー数10億人を超えており、日本国内でも3,300万人以上(2020年上半期時点)が利用しているSNSプラットフォームです。

その他SNSであるFacebookやTwitterとは大きく違っております。
Facebook・Twitterの場合、ユーザーが投稿できる内容は「テキスト」「テキスト+画像・動画」と「テキスト」を中心としたものに対し、Instagramでは「画像」や「動画」の投稿・閲覧に特化しております。

Instagramの利用ユーザー層・主要の機能

Instagramの利用ユーザー層は、10代から40代が多く利用しており、男女比は「2 : 3」とやや女性のユーザーが多い傾向です。
最近では、50代以上のユーザーも増えてきております。

機能としても、投稿してから24時間で投稿内容が消える「ストーリーズ」や、フォロワーなどに向けて発信できる「ライブ配信・投げ銭」などといった機能が揃っており、Z世代やミレニアル世代との相性の良いものが多いです。
さらに、「ショッピング機能」が追加され、自社商材のECサイトへの誘導も可能となっており、今後はInstagram内で決済機能が追加されECプラットフォームとしても活用できる予定となっており、ますますビジネスでの利用がされることが予想されます。

Instagram広告とは

Instagram広告とは

Instagram広告とは、Instagram上で配信される広告のことを指します。
Facebook広告と同様に同じプラットフォームから配信することが可能で、精度の高いターゲティングによって、ユーザーが企業に対して親近感を持たせることができます。

また、現在ユーザー数が年々増加しているSNSであるため、Instagram広告を導入することで、認知拡大や売上増加にもつながる可能性が高いです。

その他のSNS広告について下の記事で紹介しておりますので、合わせてご確認ください。

Instagram広告が効果的な広告媒体となった背景

Instagram広告が効果的な広告媒体となった背景

Instagramでは、もともと写真の共有を目的としたSNSとしてスタートをしており、個人のユーザーが圧倒的に多いSNSでした。
2012年4月に米Facebook社に買収され、機能性がアップデートされ、様々なユーザーが日常的に利用するSNSと進化を遂げたことにより、ビジネス目的で利用する企業が増えてきました。

2018年6月には全世界でのユーザー数が10億人を突破し、同年にアプリ内でのショッピング機能が追加され、直接商品を購入することができるようになったため、企業のマーケティング手法として外せないものとなりました。
コロナ禍では、緊急事態宣言等による外出自粛の影響で、インターネットやSNSを起点とする消費活動が活発化されているので、今後もビジネス目的での利用は活発になるでしょう。

Instagram広告のメリット

Instagram広告のメリット

それでは、Instagram広告のメリットについて見ていきましょう。
Instagramで広告を出稿することのメリットは複数ありますが、ここでは3つお伝えしていきます。

ターゲティングの精度

Instagramでは、Facebookと情報連携しておりFacebook広告と同じように精度の高いターゲティングを行うことが出来ます。
具体的には、以下4つのターゲティングを行うことが出来ます。

  • ユーザー属性ターゲティング
    年齢や性別、所在地などのデモグラフィックデータの設定が可能です。
  • インタレストターゲティング
    「行動」と「興味・関心」という2点を設定することが出来ます。
  • カスタムオーディエンス
    自社で保有している顧客情報(電話番号やメールアドレス等)をアップロードし、ターゲティングとして設定可能です。
  • 類似オーディエンス
    「カスタムオーディエンス」を基に、そのユーザーに類似しているユーザーをターゲットとして設定することが出来ます。

広告フォーマットの豊富さ

後ほど紹介しますが、Instagram広告では様々な種類の広告フォーマットで広告配信することが可能です。
フィード広告と言われるトップページに掲載される「写真」や「動画」の広告だけでなく、縦型のフォーマットである「ストーリーズ広告」や1つの広告に複数枚の写真や動画を表示させられる「カルーセル広告」などがあり、自社のビジネスや商品・サービス等に応じて広告フォーマットを変えることが出来ます。

広告の運用を柔軟に行える(予算やクリエイティブ等)

Instagram広告では、最低出稿金額100円から広告配信をすることができ、低予算の場合でも手軽にスタートすることが可能です。この最低出稿金額以上で、広告にかける予算を設定することが出来、設定した予算以上に費用が発生することもございません。
クリエイティブに関しても、写真のサイズや動画の長さ・内容等の規定を満たしているのであれば、自由に設定することも可能です。

さらに、広告を出稿したあとで、予算やクリエイティブを変更することも可能なので、広告のパフォーマンスを見つつ、リアルタイムで改善ができるため大きなメリットと言えるでしょう。

Instagram広告の費用

Instagram広告の費用

続いて、Instagram広告を出稿して発生する費用について解説を行っていきます。

Instagram広告の課金方式

Instagram広告の主な課金方式は以下の通り4つございます。

  • クリック課金(CPC)
  • インプレッション課金(CPM)
  • アプリインストール課金(CPI)
  • 再生数課金(CPV)

クリック課金(CPC)

クリック課金(CPC)では、ユーザーが広告をクリックした際に課金される方式となります。
クリック課金の特徴としては、広告が表示されただけやクリックされなければ課金されないため、広告の費用も発生しません。
ただ、反対にCV(コンバージョン)しないユーザーばかりがクリックしてしまいますと、広告費用が上がってしまい費用対効果が悪くなる可能性もあります。

クリック課金(CPC)の費用相場

クリック課金(CPC)の費用の相場は、1クリック40円〜100円ほどです。

インプレッション課金(CPM)

インプレッション課金(CPM)では、ユーザーへ1,000回広告が表示されるごとに課金される方式です。
インプレッション課金の特徴としては、低コストで広告配信ができます。多くのユーザーへリーチをし、ブランドや商品・サービスの認知度を向上させたい場合に適しております。
ただ、設定したターゲティングが適していない等の理由により、コンバージョン等の成果に繋がらなければ、費用対効果が悪くなる可能性もあります。

インプレッション課金(CPM)の費用相場

インプレッション課金(CPM)の費用の相場は、広告が1,000回表示されるごとに500円〜1,000円ほどです。

アプリインストール課金(CPI)

アプリインストール課金(CPI)では、スマートフォンやタブレットなどのモバイルアプリがインストールされるごとに課金される方式です。
アプリインストール課金の特徴としては、クリック課金やインプレッション課金と違い、ユーザーがクリックしたりユーザーに表示されたりするだけでは、課金されませんので全くモバイルアプリに興味のないユーザーへ広告費用を払わなくて済みます。
ただ、その反面インストールされるごとに支払う単価が高いというデメリットもございます。

アプリインストール課金(CPI)の費用相場

アプリインストール課金(CPI)の費用の相場は、インストールされるごとに100円〜250円ほどです。

再生数課金(CPV)

再生数課金(CPV)では、動画広告を配信しその動画が再生されるごとに課金される方式です。
再生数課金の特徴としては、再生されるごとに支払う単価が低いため、ターゲットに沿った動画を配信することで費用対効果の高くなる可能性があります。
反対に、動画がターゲットに沿っていない場合、コンバージョンへ繋がらなかったり、再生の途中で離脱してしまったりします。

再生数課金(CPV)の費用相場

再生数課金(CPV)の費用の相場は、再生されるごとに4円〜7円ほどです。

Instagram広告でかかる費用の相場

上記までで課金方式ごとの費用の相場はお伝えしましたが、ひと月で換算するとどれくらいかイメージが付きにくいと思います。
Instagram広告では、もちろん予算や目標によって変動はありますが、月に5万円〜50万円くらいが一般的となります。

大企業等の場合は、数百万円と大きな予算を組んで広告を配信することもありますが、Instagram広告に初めて出稿するのであれば、数千円〜数万円ほどで一度試してみると良いでしょう。
商品・サービスとInstagramのユーザーとの相性やターゲティング、クリエイティブなどの良し悪しを試しながら、ブラッシュアップしていく事が重要となります。

Instagram広告の種類

Instagram広告の種類

Instagram広告には、主に6種類の広告フォーマットが用意されております。
配置される場所によって種類が変わりますが、下記ではそれぞれどのような広告であるのか詳しく解説していきます。

ストーリーズ広告

ストーリーズ広告とは、その名の通りInstagramのストーリーズに表示される広告のことを指します。
友達のストーリーズを見ていたら、いきなり知らないストーリーズが出てきたという経験をしたことがある方は多いのではないでしょうか。

ストーリーズは、2016年に新機能として追加され、国内のデイリーアクティブユーザーの内約70%が利用されるInstagramにおいて、なくてはならない機能となっております。

ストーリーズの特徴として、通常の投稿と違い24時間で消える15秒の動画・画像形式の投稿になります。通常投稿(フィード投稿)より簡単に手軽に投稿することができるため、利用者が増えております。

ストーリーズ広告の特徴

特徴としてはやはり、ストーリーズ自体の特徴であるスマートフォンの全画面に表示されることです。
その他のInstagram広告ではフィード内(タイムライン)に表示される為、ユーザーの投稿に埋もれてしまう可能性があり、注目されないこともあります。

その点、ストーリーズ広告では全画面に表示され、さらにユーザーのストーリーズの間に表示されるので、確実に見てもらえます。ただ、一瞬で広告をスキップすることも可能なので、ファーストビューや数秒の描写が非常に重要になります。

それと、リンク先へはクリックではなく「上にスワイプ」をすることで遷移することができ、その為広告内に上向きの矢印が表示されます。通常のフィード内での広告に比べリンク先への誘導は作りやすいというのも特徴になります。

ストーリーズ広告のポイント

視聴速度を活かす

ストーリーズ広告や通常のストーリーズの投稿は、スピーディーに閲覧を楽しむことが可能です。
逆に広告もさらっと流される可能性が高いです。なので、ブランドや伝えたいメッセージは早い段階で提示をし、簡潔なストーリーを作るといいでしょう。

シーンは複数が効果的

ストーリーズはシーンやショット、短い場面などに細分化するということも効果的になります。
瞬時にカットを切り替えて見せることで、閲覧ユーザーの注目を引き付けられます。

音声も必ず入れる

フィード広告より、音声が使われており、会話や効果音、音楽などを入れ、ストーリーを引き立たせましょう。

最初と最後が重要

最初にブランドやメッセージ、商品等を、最後にエンドカードを表示して改めて印象づけましょう。

写真広告(フィード広告)

ユーザーがフィードに投稿する写真や動画と同じように表示できるため、広告らしさをあまり感じさせないのが特徴です。シンプルなデザインで、フィードの中に馴染みやすいです。

写真広告の特徴

特徴としては、ストーリーズ広告と違い、「画像」・「文字」・「リンク」という構成で表示されることが特徴になります。

写真広告はInstagram広告の中でも一般的な広告になっており、画像のみを用いてユーザーへ訴求をしていきますので、画像でどこまで注目を集められるかという点が非常に重要になってきます。

また、ストーリーズ広告と違って、必ず目に留まるわけでもありません。ですので、目に留まるチャンスを逃さないように魅力的な写真広告を作成するようにしましょう。

写真広告のポイント

ブランドイメージにが画像を合わせる

上記特徴に書いた通り、見てわかるすぐにイメージができる画像にする必要があります。
そのため、リーチしようとしているユーザーへイメージが付きやすいよう(わかりやすいよう)にブランドロゴやアイコン、画像などの配色を意識し取り入れていくことが重要です。
さらに、広告運用しているアカウントでは、広告用に使用する画像とオーガニックコンテンツ(通常の投稿)として使用する画像がありますので、どちらか一方ではなく一貫したコンテンツ作成をしましょう。

画像はコンセプト重視

どのようなメッセージを見たユーザーへ感じてもらいたいか」と「見られたユーザーがほかの人にどのようにブランドを説明してもらいたいか」の2点は非常に重要になります。
ビジネスストーリーをイメージできる視覚的なコンセプトを重視して広告を配信しましょう。

画像の工夫

写真広告だからといって、必ずしも写真家のような美しい写真を撮る必要はありませんが、工夫をすることは重要です。
ポイントは2つで、ひとつ目がユーザーがすぐイメージ・認識できるようブランドのロゴや要素などの焦点を維持することと、もうひとつがライティングとフレーミングに注意して作成をすることです。

動画広告(フィード広告)

写真広告と同じようにフィードに表示され、なじみやすい広告の一種になります。シンプルなデザインで、フィードの中に馴染みやすいです。

動画広告の特徴

写真広告と同じで、フィード上で表示し現在は最長60秒までの動画を配信することができます。写真とは違って、音声や動きなどで、ストーリーやコンセプトを伝えることが可能になります。

ただ、フィード上のその他の投稿に埋もれてしまうという点は、写真広告と同じで必ず見てもらえるわけではないので、ファーストビューや初めの2~3秒でユーザーをいかに引き付けるかが重要になってきます。

動画広告のポイント

冒頭でいかに興味を惹くか

知っての通り、写真より動画のほうが圧倒的に情報量が多いのは事実です。
ただ、それはあくまで再生された場合の話であって、再生されずただスラーっと見られているだけであれば、情報量は変わりません。(写真の場合、1枚で伝えないといけないのでその点劣っています。)
ですのでユーザーに動画を最後まで見たいと思わせるように冒頭2~3秒で引き止めなければありません。その冒頭部分にインパクトのあるコピーやコンテンツを作成し、わかりやすく簡潔に作成するといいでしょう。

音声が出ていない状態でも情報を伝える

音声は重要なパーツですが、必ずしもユーザー全員が音声を出して視聴するわけではありません。
なので、音声が出ていない状態でも伝えたい情報をユーザーへ伝えるよう動画を作成する必要があります。単純にテキストや写真などを使った視覚的情報が効果的になります。

CTAを促す

CTA(Call to Action:ユーザーの次の行動)を促すことは、Instagram広告でももちろん必須になります。
InstagramでもCTAボタンを利用でき、自然に誘導できるよう工夫しましょう。
動画であれば続きを見たくなるような仕掛けをしたり、CTAを促すようにアニメーションをつけたりすることも可能ですので、しっかり活用しましょう。

カルーセル広告

そもそもカルーセルとは、1件の投稿につき最大で10枚の写真や動画を表示させることができる投稿形式になります。ユーザーはスワイプをすることにより、2枚目以降を見ることができます。

カルーセル広告の特徴

通常の写真広告や動画広告とは違って、複数枚のコンテンツを掲載できる点が最大の特徴になります。さらに、1枚1枚にそれぞれ別のリンク先を設置することも可能です。

ですので、通常の1枚限りの広告より、より多くの情報やストーリーを伝えることができるようになりました。ただ、2枚目以降を閲覧してもらえるよう1枚目のインパクトや続きを見たくなる構成等考えて配信をする必要があります。

カルーセル広告のポイント

多数のスライドで構成することも検討の余地あり

通常動画などは長くなるとその分エンゲージメント率が低下してしまう可能性が高い為、カルーセル広告に関しても2~3枚で配信しようかな・・と考えるかと思いますが、実は多数のスライドのほうが良い場合もあります。
Socialinsider社の調査によると2枚構成の場合では平均1.9%のエンゲージメント率、3枚構成では1.81%、4枚構成では1.7%まで下がります。
ただ、5枚以上から1枚増えるごとにパーセンテージは上がっていき、8枚構成で1.91%、9枚構成で1.94%、10枚で2.07%と2枚構成より高いエンゲージメント率になったそうです。
そのため、3枚~6枚くらいで構成する場合は、8~10枚で構成したほうが高い効果を発揮する可能性があるといえます。(引用元: Socialinsider

画像と動画を組み合わせる

画像のみと動画のみ、両方の3タイプでの調査結果では、画像のみが1.8%、動画のみが1.86%、組み合わせた投稿が最もエンゲージメント率が高く2.33%という結果になっております。
ユーザーからしても画像でイメージを浮かべて、動画で詳細を見ることが出来るので効果を高めるためには組み合わせた広告も良い手法になってくるかと思います。

スワイプの誘導

動画広告ではCTAを促すとお伝えしましたが、カルーセル広告でもCTAの誘導は必要です。
商品の紹介広告などであれば、ユーザーが欲しいと思う商品を見つけてもらうために複数のスライドを見てもらう必要があります。そのため、リンク先への誘導だけでなく、次のスライドを見てもらうための「左へスワイプ」などの文言やイラストを入れるといいでしょう。

コレクション広告

Instagram広告|広告フォーマット/コレクション広告
出典:Facebook for Business

写真や動画でユーザーの興味をひき、興味を持ったユーザーが広告をタップすることで、さらに多くの商品やサービスを表示させることができます。

コレクション広告の特徴

大きな特徴として、1つの広告の中で商品やサービスを複数表示させることができる点です。

今までご紹介してきた広告のフォーマットでは、1つの広告の中に1つしか紹介できなかったり、カルーセル広告では複数を紹介するためにはユーザーへスワイプなどのアクションをしていただく必要がありました。
コレクション広告では一目で複数の商品やサービスを紹介できるため、上記の懸念点は払しょくされます。イメージとしてはInstagramの中に商品カタログのような広告が作成可能ということです。

コレクション広告のポイント

動画の活用

コレクション広告では動画を挿入することも可能です。
写真だけだとユーザーの視線誘導ができない場合もあるため、目に留まる箇所・留まってほしい箇所に動画を設けることにより、確実に見てもらえるコレクション広告にしましょう。

テーマはひとつ

バラバラの商品やサービスを配信した場合、ストーリーやコンセプトなどが分かりづらいという欠点が生じます。季節や流行などの商品やサービスのテーマを設けて配信をすることがおすすめです。「春夏物の新作」や「○○におすすめのサービス」などで、フレッシュな情報を届けていきましょう。

ストーリーを取り入れる

動画の活用と重なる部分がありますが、商品の写真だけでなく、動画などを活用して、訴求したい商品・サービスのストーリー性を持たせることもおすすめです。
商品はすでに知っているものの購入に対して迷っているユーザーなどに、後押しすることも可能になります。

発見タブ広告

発見タブ広告とは、その名の通り発見タブ内に表示される広告のことを指します。発見タブとは、小さいグリッド上のメディアをクリックするとクリックした画像や動画のフィードへ移動します。

発見タブ広告の特徴

発見タブ広告では、発見タブ内に表示されている状態では広告かどうかわかりません。
設定したメディアをクリックしてはじめて広告とわかるので、その他の広告フォーマットとは違ってナチュラルに溶け込むことができる点が特徴的です。

さらに、ユーザーがタップしてから表示されるので、日ごろから新しいコンテンツを見つけたり、取り入れていきたいと考えている前向きな層にアプローチをすることができるというところもポイントです。

ただ、発見タブ上から広告表示まではアクションを取ってもらう必要があるというのはデメリットにもなり、伝えたいメッセージや商品を伝えられない可能性もあるので、広告設定をしっかり行う必要があります。

発見タブ広告のポイント

ターゲティング

ターゲティングに関しては、すべての広告で大切ですが、発見タブ広告でもかなり重要な要素の1つです。
なぜかというと、発見タブ広告では設定したメディアでユーザーの目を惹きつけ、クリックしてもらい、広告で訴求となります。訴求したい商品やサービスに対してまったく興味のないユーザーへ発見タブ広告を出したところで無意味になってしまいます。その為、より正確なターゲティングを行う必要があります。

メディア

上記のターゲティングともう1つ重要な要素があり、それはメディアの選定です。クリックをして詳細を見たい!と思わせるような、画像や動画にしないといけません。

Instagram広告の出し方

Instagram広告の出し方

Instagram広告を配信するためには、大きく分けて全部で4ステップあります。

  1. InstagramをFacebookアカウントへリンク
  2. キャンペーンの設定
  3. 広告セットの作成
  4. 広告の作成

その配信設定について初心者でもわかるように詳細をお伝えいたします。

① InstagramをFacebookアカウントへリンク

① InstagramをFacebookアカウントへリンク|Instagram広告の出し方

Instagram広告はFacebook社のプラットフォームになりますので、広告に関しても同じものになります。

アカウントリンクの手順

  1. Facebookにアクセス・ログインして、設定(画面右上)をクリック
  2. 管理画面メニュー(画面左側)から、Instagramをクリック
  3. 表示されるログインボタンをクリックし、Instagramのログイン情報を入力、確認ボタンをクリック

以上でリンク完了です。簡単!

② キャンペーン設定

② キャンペーン設定|Instagram広告の出し方

次に出稿の作業になります。
※出稿するためのツールを利用することができます。はじめは広告マネージャーがお勧めです。

まず、キャンペーンの目的を設定していきます。
獲得目的と認知目的に分かれており、獲得目的はトラフィック獲得やリード獲得、インストール等が代表的な選択肢になり、認知目的に関しては、その名の通りブランド認知度アップなどが代表的な選択肢です。

このキャンペーンの目的を選択すると、効果的な配信の方法を決めてくれる自動最適化機能が働きます。なのでしっかりターゲティングをするためにキャンペーンの目的を適切に決定することが重要です。

キャンペーンの目的選択の手順

  1. Facebook for Businessへログインし、メニューの広告欄からInstagramをクリック
  2. 広告を作成をクリック
  3. キャンペーンの目的を選択する画面が表示される為、適切な目的を選択

以上でキャンペーンの目的選択は完了です。

③ 広告セットの作成

③ 広告セットの作成|Instagram広告の出し方

続いて、広告セットの作成を行っていきます。
広告セットとは、ターゲット層の選択や、掲載期間・予算について、広告配置についてをセットしていく部分です。簡単に概要を解説します。

オーディエンス設定
年齢や性別、興味・関心等の特徴からターゲット層を選択できます。
注意点としては、対象の人数が少ないと効果が少ない為、最低1万人以上の規模になるようにしましょう。

予算・掲載期間の設定
予算は通算予算か1日あたりかを選択できます。
課金の方法に関しては後述しておりますのでご確認ください。

広告配置の設定
設定しない場合は、FacebookとInstagramどちらも配信される自動配置となっております。
Instagramのみ広告を配信したい場合は、Instagramのみ残し、その他の項目を削除します。

広告セットの設定手順

  1. 広告セットの名前を設定する
  2. オーディエンスの設定
  3. 広告配置の欄から広告の配置を設定
  4. 予算・掲載期間の設定
  5. 次へをクリック

以上で広告セットの設定は完了です。

④ 広告の作成

④ 広告の作成|Instagram広告の出し方

出稿作業では最後の作業になります。
広告の作成です。

広告フォーマットサイズ

  • 正方形
    最小…600px × 600px
    最大…1,936px × 1,936px
  • 横型
    最小…600px × 315px
    最大…1,936px × 1,936px
  • 縦型
    最小…600px × 750px
    最大…1,936px × 1,936px
  • 動画ファイルのサイズ
    最大…4GB
  • フィード上の動画の長さ
    最長…120秒
  • アスペクト比
    正方形…1:1
    横型…1.91:1
    縦型…4:5
  • キャプションの文字数
    最大…2,200文字
  • 動画ファイルのサイズ
    最大…4GB
  • フィード上の動画の長さ
    最長…120秒
  • アスペクト比
    正方形…1:1
    横型…1.91:1
    縦型…4:5
  • キャプションの文字数
    最大…2,200文字

広告作成の手順

  1. アイデンティティの欄よりページの選択
  2. 形式より広告フォーマットを選択
  3. 画像・動画・スライドショーをアップ(メディア欄)
  4. テキスト欄から広告文を設定する
  5. プレビュー画面で内容の確認をする
  6. 注文確定をし、支払い方法の設定を行う

以上で広告作成は完了です。さらに公開まで完了しました。
ご自身できちんと配信されているかチェックしてみましょう。

最後に

今回はInstagram広告の特徴や種類、配信方法について詳しく解説しました。広告の内容によっては、大きな広告効果を期待することができます。
ぜひ、今回の記事を参考にInstagram広告をスタートしてみてください!

タイトルとURLをコピーしました