SEOライティングとは? SEOの基礎・コツを学びコンテンツの質を高めよう - 株式会社Value Bet|成果報酬型のリード獲得支援「syoudan」

SEOライティングとは? SEOの基礎・コツを学びコンテンツの質を高めよう

SEOライティングとは? SEOの基礎・コツを学びコンテンツの質を高めよう

皆様、SEO対策は行っていますでしょうか?
SEOとは、「Search Engine Optimization」の略で、検索エンジン最適化という意味となっております。Googleやyahooなどの検索エンジンにWEBサイトやページを最適化していき、検索結果の上位に表示させるよう対策を行うマーケティング施策になります。

この際に、検索結果の順位はGoogleのアルゴリズムによって変わってきますが、特定のキーワードを検索した意図を理解して、検索ユーザーへ有益な情報やコンテンツを提供することがとても重要となってきます。
ただ、このGoogleアルゴリズムは、月に数回〜数十回とアップデートがされていたり、ユーザーの求めている情報やコンテンツの質も変化していったりと、どのようにライティングを行えばよいのか分からなくなる時もあるでしょう。

今回の記事では、自社で運営しているページやコンテンツを検索結果の上位に表示させたいという方に向け、SEOライティングの基本的なことからコツについてをお伝えしていきます。
ぜひご参考にしていただければ幸いです。

SEOについてはこちらの記事で解説をしておりますので、まだの方はチェックしてみてください。
SEO対策とは?すぐに出来る対策・MFI・SEOツール15選を解説!

SEOライティングとは?

SEOライティングとは?

SEOライティングとは、SEO(検索エンジン最適化)を考慮した記事・メディアの書き方になります。
具体的には、キーワード検索のツール等を活用してSEOキーワードを決定し、そのキーワードを検索するユーザーの意図を考慮して記事を書いていきます。

大きなテーマに沿った内容をひたすら書いていくのではなく、検索するユーザーの意図を考え理解し、その意図に沿った有益な情報を記載していくことがSEOライティングとなります。そのため、キーワード選定やデータの抽出、執筆、編集など様々なテクニックやコツが必要となるのです。

例えば、キーワードの選定に関していえば、検索ボリュームの多さが一つの指標となっております。検索される回数が多いほど認知度・流入数は大きくなるでしょう。
ただ、全く検索されていないキーワードでは、流入はおろか認知すらされません。

キーワード選定のもう一つの指標が検索クエリとなります。
検索クエリは、ユーザーが検索したキーワードのことを指しており、指標となるのはその検索クエリに対して対策を行った記事が目的達成に貢献しているかという点です。
例えば、その記事を読んだユーザーがコンバージョンしたか、興味関心を持ってくれたか、回遊率が上がったか等の貢献をしているかどうかということです。

一例ではありますが、上記のようなことを考慮した上で、ユーザーにとって価値のある情報を提供できるようになると、ユーザーだけでなくGoogle等の検索エンジンからも評価されるようになります。

SEOライティングの種類

SEOライティングの種類

SEOライティングには、種類があります。

  • ユーザー視点のSEOライティング
  • クローラー(検索エンジン)視点のSEOライティング

それぞれについて解説を行います。

ユーザー視点のSEOライティング

まずは、ユーザー視点のSEOライティングです。
ユーザー視点のSEOライティングとは、検索したユーザーにより分かりやすく有益な情報を提供するためのライティングといえます。

SEOと聞くと、ユーザー視点でライティングではなく検索エンジンに評価されるように行うべきでは?と疑問に思う方もいるかもしれません。
ただ、Googleではユーザーにとって有益な情報・コンテンツを重視しており、結果としてSEO対策を行えるということです。

具体的にお伝えすると、Googleではユーザーのニーズを満たす有益な情報やコンテンツを重要視しているため、そのようなコンテンツを持っているWEBサイトやページを上位に表示させることを公表しております。
アルゴリズム目線ですと、コンテンツに関する大きなアップデートは2019年12月にあった「BERTアップデート」と呼ばれるものです。BERTは、自然言語処理技術の一つとなっており、検索キーワードの単語と単語の繋がり(文脈)を理解する能力が向上された為、よりユーザーの検索意図に沿ったコンテンツが上位に表示されるようになりました。

その他にも、年に数回大型アップデートがされており、その度に検索エンジンも変化していっておりますので、より質の高い有益な情報を記載したコンテンツが必要になっているのです。

従来まで横行していたSEOキーワードを多く散りばめただけのコンテンツなどは、評価を下げられるようになったのです。

クローラー(検索エンジン)視点のSEOライティング

まず、クローラーとは?という点ですが、検索エンジンが検索結果として表示するため、世界中のWEBサイトの情報や内容を収集するためのロボットのことを指しております。

そのクローラー視点のSEOライティングでは、クローラーが理解しやすいようコンテンツの内容を最適化したライティングをするということです。
例えば、タイトルや見出しにSEOキーワードを入れたり、hタグをしっかりと構成したりするなどのWEBサイト・ページの内部対策を考慮したライティングです。

クローラーが巡回してきた際に、理解されやすいようにコンテンツの構造をしっかりとしておくことにより、コンテンツやページを評価してもらえるようになり、検索結果の順位が上がるということです。
もちろん、コンテンツの内容が有益な内容であるという前提にはなりますが、クローラー視点でライティングを行うことも必要不可欠な要素と言えます。

SEOライティングのコツ・テクニック

SEOライティングのコツ・テクニック

それでは、早速SEOライティングのコツやテクニックについて解説を行っていきます。

検索ユーザー視点のコンテンツ内容

まず、最重要となるものは、検索ユーザー視点でコンテンツの内容を決めていくということです。
ユーザーファーストと言ったりしますが、検索ユーザーを第一優先として考えて運営をしていくことがとても重要となってきます。

今回は、SEOライティングなので、記事やコンテンツ制作の観点でお伝えすると、「どのように考えたのか」「なぜ検索しようと思ったのか」というユーザーの思考を考えていき、その思考に沿った適切な内容を分かりやすく伝えられるかという点が重要です。

検索エンジンであるGoogleには、「Googleの掲げる10の事実」というものがあります。
Googleの方針である「Googleの掲げる10の事実」の1番目に「ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。」というものがあります。

検索エンジンからの流入の大半はこのGoogleからです。そのGoogleが、ユーザーを第一に考えているのに対して、コンテンツを発信しているWEBサイトやメディアが自分よがりの記事を書いても評価されないのは目に見えております。

その為、検索ユーザーにとって有益な情報とは何かを常に考慮してコンテンツを制作していきましょう。
例えば以下のようなことも考えていきます。

  • この検索クエリであれば、どのような情報を欲しているのか
  • このキーワードであれば、まずこのストーリーから記載したほうが伝わりやすいか
  • この文章や表現は伝わりやすいか
  • この用語や言葉は、しっかりと説明をしたほうが良いか

上記は一例ですが、このように検索ユーザーの心理や知識、ニーズを汲み取り、記載する内容や文章、ストーリーを形成していきます。
もちろん、検索エンジンではクローラーと呼ばれるロボットがコンテンツやページを評価するためそこに焦点を合わせたくなる気持ちは分かりますが、最終的にそのコンテンツを見るのはユーザーということを忘れてはいけません。

コンテンツの構成

上記のユーザー視点のコンテンツ内容の追加要素ではありますが、コンテンツの構成もしっかりと考慮する必要があります。
コンテンツの構成では、コンテンツの内容やストーリーを指しております。

例えば、見出しです。
SEOについての記事を書いているのにも関わらず、序盤に脱線してMEOについて記載をしてもユーザーからしたら求めていない事が多いでしょう。

その為、記事のタイトルはもちろんのこと、見出しに検索クエリをいれたり、その共起語を挿入したりして、見出しを見ただけでどんな内容が記載されているかを把握できるようにしましょう。

多くの場合、記事コンテンツでは目次がありますが、その目次を見ただけで自分が求めている情報がどこにあるのかをチェックでき、すぐに移動出来るようにしていくことはとても重要なことと言えます。

E-A-Tを意識する

皆様、E-A-Tはご存知ですか?聞いたことあるかたも多いかと思います。

E-A-Tとは、Googleが独自に制定した評価基準のことで、「E:Expertise(専門性)」「A:Authoritativeness(権威性)」「T:Trustworthiness(信頼性)」の頭文字を取った言葉です。

検索エンジンのアルゴリズムがアップデートしていく中で、WEBサイトやページの品質を適切に評価する項目として、この「専門性」「権威性」「信頼性」という3つの評価基準を設けており、SEO対策ではとても重要とされている概念です。

例えば、医療についての記事を初心者が書くのと、医師が監修するのでは専門性という点において大きな差が生まれます。それがGoogleの掲げる専門性になります。
YMYL(Your Money or Your Life:健康やお金等に関するジャンル)では、このE-A-Tがとても重要視されており、専門家等のサポートがなければ上位表示が難しい可能性が高いです。

ただ、自社でE-A-Tを担保出来ない可能性もあります。
その際は、下記のように行いましょう。

  • 専門書を参考・引用する(模写はNG)
  • 専門家にインタビューや依頼をする
  • 体験談を基に記事を作成する

独自性

検索エンジンのクローラーがWEBサイトやコンテンツを巡回し評価する際に、その内容の独自性も確認します。
コピーコンテンツという言葉を聞いたことがあると思いますが、競合メディアの内容を真似していないか、情報が重複されていないかという点をチェックするのです。

この独自性では、オリジナル且つ有益な内容ほど評価されます。
ただ、記載する内容によっては内容に明確な差別化を行えないこともあります。
例えば、「πとは?」という問いに対する答えは「円周率」「3.14」という答えが決まっております。

ただ、この独自性では検索クエリに対する答えだけを求めているわけではないということです。
「SEOとは?」と検索するユーザーは、「SEO=検索エンジン最適化」という意味だけを調べたい場合もあれば、SEOにおける施策内容や事例を知りたい場合もあるでしょう。いかに、ユーザーの心理や思考を考慮して、内容を構成していくかがとても重要となります。

伝わりやすい文章

記事・コンテンツでは、テキストベースで説明をしていきます。
そのため、検索ユーザーに分かりやすく・伝わりやすく文章を記載していくことが重要です。

もちろんそこには、文章だけでなく構成や単語なども含まれますが、端的に要点を記載して、ユーザーが読みやすいように工夫をすることも重要となります。

タイトル・見出し等にキーワードを入れる

タイトルや、見出し、記事の導入文章などには、対策を行うキーワードを入れるようにしましょう。
もちろん、キーワードのみをただ入れるわけではなく、しっかりと文章に沿った形で入れる必要がありますが、SEO対策としては基本的な施策となります。

そして、おまけではありますが、ページのタイトルは30文字以内に抑えるようにしましょう。
Googleの検索結果に表示されるタイトルの文字数は30〜32文字のため、途切れさせないよう30文字以内に抑えてページの内容を伝えるようにします。

hタグの構成

SEOライティングを行っている方であれば、「hタグ」と聞くとわかると思いますが、記事の見出しのことを指しております。
hタグはh1、h2、h3…と階層が別れております。

基本のルールとして、「h1タグは1ページにつき1つのみ」がありますが、その他にもh2タグの下の階層はh3タグと順番をしっかりと守って構成する必要がありますので、注意が必要です。

SEOライティングで自社メディアを上位表示させよう

SEOライティングで自社メディアを上位表示させよう

今回は、SEOライティングのコツやテクニックについて解説を行ってきました。
今まで、何となく記事を執筆してきた方もいらっしゃるかと思いますが、SEOを考慮して執筆することにより、その成果は大きく変わります。

ぜひ、今回の記事を参考に、自社メディアを上位表示させていきましょう!

タイトルとURLをコピーしました