Search Console(サーチコンソール)とは?【基礎知識・出来ること・設定方法・押さえておきたいポイントについて解説】

Search Console(サーチコンソール)とは?【基礎知識・出来ること・設定方法・押さえておきたいポイントについて解説】

WEBサイトを運営していると必ず確認をするSearch Console(サーチコンソール)。

様々な情報がわかるということは知っているものの、どう活用すれば良いかわからない企業や個人も多いのではないでしょうか?

今回は、Search Console(サーチコンソール)について、徹底解説いたしますので是非確認しご活用ください。

Google Search Console(グーグルサーチコンソール)とは

Google Search Console(グーグルサーチコンソール)とは、検索エンジンであるGoogleの検索結果で運営しているサイトの掲載順位を管理、解析、改善するのに活用できるGoogleが無料提供しているサービスになります。
Search Consoleに登録していない場合でも、サイトは検索結果で表示されますが、登録をすることで、Googleのサイトに対しての認識やルールを確認することができ、改善することができます。

簡単にお伝えしますと、以下の2点の役割があります。

  • 運営しているWEBサイトの現状を確認
  • 閲覧したユーザーがWEBサイトを訪問するまでにどのような行動をしたか解析

それでは、具体的にどのようなことができるか解説をしていきます。

Google Search Console(グーグルサーチコンソール)で出来ること

Search Consoleには主に、以下のことを行う為のツールやレポートが用意されています。
ここで全てを理解しなくてもいいですが、どのようなことができるのかを確認ください。

GoogleがWEBサイトを検出し、クロールできることを確認

まず、WEBサイトを制作したばかり等の場合、GoogleがWEBサイトを検出していない可能性があります。
検出していない場合、もちろん検索結果に表示されません。(インデックされない)
その為、検出してとGoogle側へ伝えることがまずは必要になります。

インデックの登録や再リクエスト

①で検出し、クロール(クローラー<データベースへ登録していくロボット>がサイトを巡回して情報を収集したりインデックス登録をしたりすること)された場合でも、検索結果に表示されていない場合があります。
その際には、インデックス登録されていない理由を確認し改善、その後またインデックスされるよう再度リクエストを送信できます。

トラフィックデータの確認

サイトがインデックス登録されると、晴れてGoogle検索結果に表示されるようになります。
その際に

  • 「どれほど検索結果に表示されたか」
  • 「掲載順位はどれくらいか」
  • 「サイトのクリック数」
  • 「実際に表示された検索クエリ(ユーザーが実際に検索した単語・単語の組み合わせ)」
  • 「特定の検索クエリに対してユーザーのクリック率・クリックスルー頻度」

等のGoogle検索トラフィックデータを確認できます。

WEBサイトのエラーの発見

インデックス登録に際してや、スパム等のサイトに関するエラー・問題を検出した時、確認・対処を行うことができます。
例えば、ページURLが意図せず変わっており、リダイレクトエラーになっている場合等を教えてくれます。

WEBサイトとの外部リンク

外部のサイトとリンクしている場合、そのサイトを確認することができます。
この確認により、ユーザーがどの流入経路からサイトへ来ているのかが確認できる為、更に伸ばしていく為の施作を考えることができます。

AMP・モバイルユーザビリティ・検索機能に関するその他の問題

運営しているWEBサイトの現状を確認したり、問題があった場合改善をしたりすることができます。

AMPとモバイルユーザビリティのみ簡単に解説します

AMP…Accelerated Mobile Pagesの頭文字をとったアンプと呼ばれるもので、モバイルユーザーがページを快適に閲覧できるように高速表示させる仕組みです。

モバイルユーザビリティ…モバイルユーザーにとってサイトが使いやすい・見えやすいかの指標。

Search Console(サーチコンソール)の設定方法

では、早速設定方法をお伝えしていきます。全部で4ステップです。

01/Search Consoleへアクセス

Search Consoleへアクセス|Search Console

Search Consoleへアクセスし、トップにある「今すぐ開始」ボタンをクリック。
Googleアカウントによるログインページが出てくる為、管理するアカウントでログインをします。
もし、アカウントを新規で作成する場合、ログインページの下にある「アカウントを作成」から登録しましょう。

Search Consoleへアクセスし、管理するGoogleアカウントへログインする|Search Consoleアカウントログイン

02/プロパティタイプを選択・サイトの登録

プロパティタイプを選択・サイトの登録|Search Consoleプロパティタイプ選択

ログインをしますと上のようにプロパティタイプの選択画面が表示されます。
プロパティタイプは、「ドメイン」と「URLプレフィックス」の2つがありますが、URLプレフィックスが簡単に設定をすることができます。

それぞれの違いを解説します。

ドメイン

ドメインの場合、「http」や「https」、「www」の有無、ディレクトリやサブドメインは一切関係なく、トップドメインとそれ以下のサイトを管理することができます。
例えば、1つのドメインで複数のサイトを作成している場合は、1回の設定で一元管理することができるので楽です。DNS認証が必要になります。

URLプレフィックス

ドメインプロパティと違い、URL(サブドメインやSSLの有無)の違いを区別して管理をしていく方法になります。
「https://valuebet-inc.com」と「https://valuebet-inc.com」の2つを作成している場合、別々に登録して管理をしていくということになります。

更に分析ツールであるGoogle Analytics(グーグルアナリティクス)との連携を行うかと思いますが、その場合、アナリティクスへ登録しているURLと同じURLで登録しておく必要があるため、URLプレフィックスで登録することをお勧めします。

なにより簡単です。
その為、これからの流れはURLプレフィックスで行った際の流れについて記載していきます。

URLプレフィックスのURL入力欄に該当URLを入力し続行を押す|Search Consoleプロパティタイプ選択

どうしてもドメインプロパティで登録をしたい場合はGoogle Search Consoleヘルプをご参照ください。
そうしましたら、URLプレフィックスのURL記入欄に管理を行いたいURLを入力し「続行」をクリックしましょう。

03/所有権の確認

所有権の確認|Search Console所有権の確認

次に「所有権の確認」画面が表示されますので、お好みの方法で確認をしていきます。
GoogleのおすすめはHTMLファイルのアップロードになります。それぞれについて簡単に解説します。

参照:Search Console ヘルプ|サイトの所有権を確認する

HTMLファイル
HTMLファイル|Search Console所有権の確認

提供されるhtmlファイルを指定場所へアップロードをすることで所有権の確認を行う方法です。

HTMLファイルの中身を見ると下の写真のようになっており、ダウンロードを行います。
ダウンロードボタンの下に「アップロード先」が書いてありますので、そこへFTPサーバー経由等でアップロードをします。

HTMLタグ
HTMLタグ|Search Console所有権の確認

提供されるmetaタグをサイトのheadセクション内の最初のbodyセクション前に貼り付け、所有権の確認を行う方法になります。

「コピー」を押し、貼り付けるだけです。
ただ、コードをさわれないと難しい可能性があります。

Google Analytics
Google Analytics|Search Console所有権の確認

Google Analyticsのトラッキングコードを読み込んで、所有権の確認を行う方法です。

管理をしていきたいWEBサイトで既にGoogleアナリティクスを活用している場合、この方法が一番簡単です。

Googleタグマネージャー
Googleタグマネージャー|Search Console所有権の確認

Googleタグマネージャーのアカウントを作成しており、コンテナ公開権限が付与されている場合、コンテナスニペットコードを利用して所有権の確認を行えます。

ドメイン名プロバイダ
ドメイン名プロバイダ|Search Console所有権の確認

提供されるTXTレコードをDNS設定にコピーをし、所有権の確認を行います。
ただ、DNS設定を行う編集権限が必要になります。

04/「確認」ボタンを押し、設定完了

所有権の自動確認完了|Search Console所有権の確認

所有権の確認でいずれかの方法を完了しましたら、「確認」ボタンを押しましょう。
「所有権を自動確認しました」の表示が出たら、設定完了です。

Search Console(サーチコンソール)で押さえておきたい5つの機能

Search Consoleを活用することで、管理しているWEBサイトの様々なデータを確認することができます。
ここでは、Search Consoleを使い始めた初心者や管理者に向けて、5つの重要な機能をお伝えします。

検索パフォーマンス

検索パフォーマンスを確認すると、そのページがどのくらい検索結果に表示されて、クリックされているか、表示された際の検索クエリを確認することができます。
さらに、特定の検索クエリでの現在の平均掲載順位も確認することができます。
検索クエリを確認することで、現在どのようなキーワードが好まれていて、どういうコンテンツを今後作っていくべきなのかという方向性を知ることも可能となっています。

WEBページだけでなく、画像・動画・ニュースといった絞り込みや比較も可能|Search Console

現在のSearch Consoleでは、最大16ヶ月前まで遡ることも可能で、期間の選択やWEBページだけでなく、画像・動画・ニュースといった絞り込みや比較も可能です。

カバレッジ

クロールをした際に、様々な要因で取得できなかったページがあります。
その要因とは、

  • リダイレクトエラー
  • 検出 – インデックス未登録
  • クロール済み – インデックス未登録
  • 重複しています。Google により、ユーザーがマークしたページとは異なるページが正規ページとして選択されました

などです。

その要因と該当ページを確認できる機能が「カバレッジ」になります。

その要因によって対処をすることで、再度クロールされた場合に取得されるようになりますので、必ずチェックして、エラーがあれば改善を行いましょう。

URL検査ツール

URL検査ツールでは、特定のページのURLを検査し様々な情報を取得することができます。

例えば、

  • インデックスされているか
  • サイトマップに載っているか
  • 参照元ページURL

等を確認できます。

特に重宝される機能が「インデックス登録をリクエスト」できる機能になります。

インデックスされていないと検索結果で表示をされませんので、新しく作成したページなどはインデックス登録をリクエストしておくことをお勧めします。

さらに、「公開URLをテスト」という機能もあり、インデックス登録をしたURLではなく、現在のページにてテストを実施することもできます。

手動による対策

Googleでは、ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)というルールを設けており、そのルールに違反をしている場合は、上位に表示されなくなるというペナルティが発生します。

ただ、違反をするつもりがなくとも、ルールに抵触している可能性もありますので、「手動による対策」を確認し、該当のページがないか、ある場合はその内容を確認し対処しましょう。

特に、検索パフォーマンスを見て、掲載順位が落ちている場合や、表示されなくなっている場合はペナルティを受けている可能性もありますので、そういう時はチェックしてみてください。

サイトマップ

サイトマップとは、WEBサイトの構成を示している地図のようなもので、このサイトマップをたどってクローラーはページを検出していきます。
このサイトマップを定期的に送信することで、新たなコンテンツやニュースをGoogleが認識・検出しやすくなります。

登録をしておくと、自動で定期的に送信してくれますので、登録されていない場合は、是非登録しましょう。

Search Console(サーチコンソール)で確認できること

押さえておきたい機能は理解できたかと思いますが、次は確認できることについてお伝えしていきます。少し詳しい内容になります。

外部リンクと内部リンク

「リンク」という機能があり、内部リンクと外部リンクの数や順位を確認することができます。

内部リンク数は、Googleがページの重要度を測る要素の一つであり、そのリンク数を確認できます。トップページで重要なページなのに、リンク数が少ない等のデータが確認できる為、改善点を発見できるでしょう。

外部リンクは、その他のサイトでリンクを貼っていることです。
ただ、Google側でユーザーの役に立つリンクだと判断されている場合のみ、検索結果として表示され、そのリンク数を確認できます。

モバイルユーザビリティ

Googleでは、MFIの推進を行っていたりと、モバイルユーザー向けコンテンツの評価ウエイトが高くなっております。

そのユーザビリティに問題がある場合(テキストが小さすぎる等)、エラー表示されます。
その該当ページも確認できますので、エラーがあった際には改善を行いましょう。

インデックス登録済みページ数やクロール状況

サイト内のインデックス登録をされているページや、逆にされていないページとその理由について確認を行えます。その理由により対処方法が変わってきますので、逐一「カバレッジ」の確認を行なっていきましょう。

それと、クロールがいつきたのかという状況も確認できます。

最後に

今回はSearch Console(サーチコンソール)について、解説を行なってきました。
Search Consoleでは、運営しているサイトの状況を詳しく把握し、改善点や方向性を決める為の重要なデータが詰まっています。

また、更にGoogle Analyticsと連携を行うと、コンバージョンを改善していく為の分析を行うこともできますので、活用の際はGoogle Analyticsも一緒に活用ください。 Google Analyticsはまた別の機会にご紹介します。

タイトルとURLをコピーしました