コンテンツSEOとは?メリットや具体的な手順、重要なポイントについて徹底解説 - 株式会社Value Bet|成果報酬型のリード獲得支援「syoudan」

コンテンツSEOとは?メリットや具体的な手順、重要なポイントについて徹底解説

コンテンツSEOとは?メリットや重要な理由について徹底解説

数年前からよく耳にする機会が増えたコンテンツSEO。
今、SEO対策を行なっているWEBサイトのほとんどが、コンテンツSEOを実施しています。それくらい、コンテンツSEOは幅広い業種や業界に広がっており、WEBマーケティングを行なっていくのであればコンテンツSEOはとても重要な役割となっております。

ただ、「コンテンツSEOは聞いたことがあるけど実際はあまり知らない」や、「普通のSEO対策とはどう違いがあるの?」等の疑問を持っている方も多いかと思います。

今回は、コンテンツSEOの概要や広がっている背景、重要なポイントについて解説を行なっていきますので、ご参考にしていただければと思います。

コンテンツSEOとは?

コンテンツSEOとは?

そもそもコンテンツSEOとは、ユーザー(サイト訪問者)にとって価値のあるコンテンツを定期的に制作・発信を続けることで、SEO対策(Googleやyahoo等検索エンジンの検索結果の上位に表示されるように対策)を行い、WEBサイトへの流入を増やしていく施策となります。

上記でもお伝えしているように、コンテンツSEOは結果的にSEO対策を行うための一つの手法となっており、SEO対策の一部として認識していただければ大丈夫です。

昨今のWEBマーケティングでは、このコンテンツSEOはとても重要な要素となっておりまして、コンテンツSEOを理解せずにSEO対策をしてWEBで集客を行なっていくことは非常に難易度の高いことだと言えるでしょう。

具体的には、ユーザーが検索する“キーワード”に対して、検索する意図を考え、その意図にあったコンテンツを発信し、流入数増加を図っていきます。

例えば、ユーザーが「コンテンツSEOとは」と検索した場合の意図は、「コンテンツSEOについて知りたい」と考えたからであり、その検索意図に対するコンテンツは「コンテンツSEOについて情報を記載したコンテンツ」となります。
そのように、ユーザーにとって答えとなるコンテンツを定期的に発信していくことで、検索キーワードに対するコンテンツが増えていき、結果的にWEBサイトへの流入数が増えていきます。

コンテンツSEOが重要視され始めた背景

コンテンツSEOが重要視され始めた背景

コンテンツSEOについては、ご理解頂けたかと思いますが、ここまで重要視され始めた背景はどのようなものでしょうか?

コンテンツSEOが重要視され始めたのは、2012年以降のことでした。
それまでのSEO対策の歴史と合わせてお伝えしていきます。

注目され初めた流れとしては以下の通りです。

  1. ブラックハットSEO
  2. ホワイトハットSEO・コンテンツSEO
  3. コンテンツSEOとSNS

次の章から詳しく解説します。

ブラックハットSEO|コンテンツSEOの歴史①

ブラックハットSEO|コンテンツSEOの歴史①

プログラムの裏をかくブラックハットSEOの横行

コンテンツSEOが重要視され始めた背景として、検索エンジン(Googleやyahoo等)のアルゴリズム性能の向上によるものがあります。

それ以前の2012年より以前には、SEO対策としてユーザーにとって価値のあるコンテンツや情報の発信より、アルゴリズムの裏をかくテクニックを使って検索結果の順位を上げる手法、いわゆるブラックハットSEOを行なっているWEBサイトがとても多かったです。

ブラックハットSEOでは、以下のような手法・テクニックを用いておりました。

  • コピーコンテンツ(テキストの複製)
  • 被リンクを大量に設置
  • 隠しリンク・隠しテキスト
  • ワードサラダ(テキスト内に大量のキーワードを詰め込む手法)
  • クローキング(特別なページを検索エンジン向けに表示させる手法)

上記のようなブラックハットSEOが流行り、ユーザーにとって価値のない品質の低いページが上位を独占するようになり、検索エンジンの利便性が低くなってしまいました。

ブラックハットSEOへの措置!ペンギンアップデートとパンダアップデート

そうしたブラックハットSEOに対してGoogleが行なった対策が、ペンギンアップデートとパンダアップデートになります。
このアップデートは、検索順位を決めるGoogleのアルゴリズムの変更・改良を行なったものです。

ペンギンアップデートとは、人為的に設置されている大量の被リンクを検出してそのサイトに対してペナルティを与えるもので、パンダアップデートはコピーコンテンツ等の価値のない(薄い)コンテンツを検出して検索順位を低くするものとなっております。

これらのアップデートにより、今まで行われてきたブラックハットSEOでは上位を獲得することはできなくなり、更に品質の低いページはペナルティを受け、一気に検索結果の県外に落ちていきました。

アルゴリズム変化によって、価値のあるコンテンツがしっかり評価されるようになる

ペンギンアップデートとパンダアップデートにより、品質の低いコンテンツはペナルティを受けましたが、反対に評価が上がったページもあります。
それは、ユーザーにとって価値のある情報やコンテンツを掲載しているページです。

アルゴリズムは変化をしていき、ユーザーにとって価値のあるコンテンツをしっかり認識できるようになった為、正当な評価として返ってきたのです。

現在でも、アルゴリズムの更新は行われて改善をされていっています。小さな更新は毎日行われており、コアアルゴリズムアップデートと呼ばれる大規模な更新は年に数回(2〜4回程度)行われております。

ホワイトハットSEO・コンテンツSEO|コンテンツSEOの歴史②

ホワイトハットSEO・コンテンツSEO|コンテンツSEOの歴史②

価値のある情報・コンテンツを発信するホワイトハットSEO・コンテンツSEO

ブラックハットSEOがアルゴリズムのアップデートにより大半が消えていきましたが、代わりに主流となった手法がホワイトハットSEO・コンテンツSEOになります。

ホワイトハットSEOとは、プログラムの裏をかくような手法ではなく、ユーザーの検索をする真意に沿った価値のある情報をサイト上に掲載していくという正当なSEO対策となります。

時間と労力が必要となるコンテンツSEO

今でもブラックハットSEOを行なっている企業はとても少ないものの存在しますが、ホワイトハットSEO・コンテンツSEOの業者の方が圧倒的に多いです。

それらのホワイトハットSEO・コンテンツSEOでは、ブラックハットSEOと違い、ユーザーにとって価値のある情報やコンテンツを定期的に制作し、発信しなければならず時間と労力がとてもかかってきます。

これら正統派であるSEO対策を支援している業者の費用は高額な場合が多いのは、その労力や時間に対する対価になっているからです。

ホワイトハットSEOとコンテンツSEOは、未来のために今から専念したほうが良い

上記でお伝えした通り、ホワイトハットSEOやコンテンツSEOはとても労力と時間がとてもかかるマーケティング施策となります。
成果として返ってくるまでに、とても早くて3ヶ月、多くの場合6ヶ月〜1年はかかると思ったほうが良いです。

それまでは、少しずつサイトへの流入数が増えたりすると思いますがあまり成果としては出てこないでしょう。その期間、諦めずに情報やコンテンツを発信し続けなければなりません。

ただ、続けた結果返ってくるものはとても大きく、会社の未来のために今のうちから開始しておくことを強くお勧めします。

コンテンツSEOとSNS|コンテンツSEOの歴史③

コンテンツSEOとSNS|コンテンツSEOの歴史③

コンテンツSEOは、SEO対策だけでなく、今とても普及しているSNSとの相性がとても良いです。
詳しく解説をしていきます。

ブラックハットSEOとSNS

ブラックハットSEOは以前とても有効的なSEO対策ではありましたが、それらで活用していた被リンクの大量設置等のテクニックはSNSで活用することができません。
SEO対策としては良かったのかもしれませんが、コンテンツが増えるわけではないですし、良質な情報やコンテンツが発信されるわけではないため、ユーザー同士で盛り上がるSNS上においてブラックハットSEOは無力となってしまいます。

コンテンツSEOはSNSととても相性が良い

反対にコンテンツSEOは、SNSとの相性がとても良いです。
コンテンツSEOは、ユーザーにとって価値のあるコンテンツや情報を定期的に発信していくものですので、FacebookやTwitterで良い反応が得やすくなります。

その作成したコンテンツに対しての反応だけでなく、ユーザーが話題として取り扱ってくれる可能性もあります。

コンテンツSEOは今後のSEO対策の主要施策

コンテンツSEOは今後のSEO対策の主要施策

上記で解説をしたように、コンテンツSEOを行うことで、SEO対策にもSNS運用にもつながります。
それだけではなく、コンテンツの定期的な発信により、自社の商品やサービスに対して全く関心を持っていなかった顧客に対して育成を行い、購買へとつなげていくリードナーチャリングを行うことも可能です。

このように、価値のあるコンテンツによって、様々な活動を実施し、マーケティング活動を行なっていくことをコンテンツマーケティングと呼びます。

今やこのコンテンツマーケティングは、デジタルマーケティングにおいて主流の施作となっております。
どのような業界・業種のサイト運営でも、このコンテンツマーケティングを全く行わない方法は考えられないほど、強力な施策と言えるでしょう。

まだコンテンツSEOを実施していない企業で、今後始められる予定の企業は、SEO対策としてだけでなく、どうマーケティングをおこなっていくかという全体を考えながら導入すると良いでしょう。

コンテンツSEOの重要性

コンテンツSEOの重要性

コンテンツSEOの注目された背景やどのようなマーケティング施策なのか解説しました。
ここからは、コンテンツSEOがなぜ重要なのかについて解説をしていきます。

コンテンツでなければ対策できないキーワードがある

下の写真は、「営業 求人」と「営業 仕事」で検索した際のスクリーンショットとなっております。(2022年8月8日現在)

これらを見ていただくと、似ているようなワードにはなりますが、検索結果に表示されているページは全くタイプが違います。
具体的には、「営業 求人」の場合、1位から10位(1ページ目全て)が求人ページとなっておりますが、「営業 仕事」の場合、1位から10位(1ページ目全て)が記事コンテンツとなっております。

その他にも、「スマートフォン」と「スマートフォン おすすめ」で検索した場合でも、下のような結果となっております。

商品名や固有名詞である「スマートフォン」の検索結果には商品ページ、「スマートフォン おすすめ」に関しては記事コンテンツが表示される結果となりました。

このように、専門的なページが表示される場合と、記事コンテンツが上位に表示されやすい(コンテンツでなければ難しい)状況に分かれてくるため、SEO対策を行なっていくのであれば、コンテンツSEOが重要になってきます。

中長期で集客を可能にする

コンテンツSEOを実施する最終ゴールは、集客につなげることです。
コンテンツSEOは、短期的な集客を行いたい場合適しませんが、中長期で集客を考えているのであれば、最適な施策と言えます。

定期的かつターゲットのユーザーが求める内容を発信し続けることにより、自社の求める顧客を集客・育成することができ、売上アップに寄与してくれるでしょう。
資産を増やすためにも、コンテンツの数やクオリティを担保しつつ実施していくと良いです。

最後に

今回は、コンテンツSEOについて詳しく解説をしていきました。
コンテンツSEOは、解説した通りSEO対策としてとても重要な要素となっており、今後デジタルマーケティングを行なっていくのであれば、必須施策となるでしょう。

今のうちから、コンテンツSEOを行なっていくことで、短期的な成果にはつながりにくいものの、将来的なメリットは多くありますので、導入することをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました