CVRの平均値はどれくらい?コンバージョン率が下がる原因と上げるための方法を解説 - 株式会社Value Bet|成果報酬型のリード獲得支援「syoudan」

CVRの平均値はどれくらい?コンバージョン率が下がる原因と上げるための方法を解説

CVRの平均値はどれくらい?コンバージョン率が下がる原因と上げるための方法を解説

デジタルマーケティングを実施していく上で、重要になる指標の1つがCVR(コンバージョン率)になります。インターネット広告運用やWEBサイトの運営をして、どれだけ目的を達成できているのか確認出来る数値となっております。

今回は、そのCVRの平均はどれくらいなの?という疑問から、CVRが低い原因、CVRを向上させるためのポイントについてご紹介します。ぜひ、ご参考にしてください。

CVRとは?

CVRとは?

そもそもの、CVRの基本的な情報をお伝えしていきます。
CVRとは、Conversion Rate(コンバージョンレート)を略した言葉で、コンバージョン率(成果達成率)を示す指標になります。

WEBサイトへの問い合わせや資料請求、会員登録、商品の購入などのCV(コンバージョン)へユーザーが達成した割合を指す指標です。

CVRの計算式

CVR = CV数 ÷ セッション数(サイト訪問数)×100

CVRの平均値ってどれくらい?

CVRの平均値ってどれくらい?

 マーケティングにおいて、とても重要な指標であるCVRですが、現状自社のCVRが高いのか低いのか分からない…という担当者のかたは多いのではないでしょうか?
そこで、CVRの平均値があるのかどうかをお伝えしていきます。

CVRはゴールに応じて数値が変化する

まず、理解してもらいたいのが、CVRの絶対値というものは存在しません。
と言いますのも、WEBサイトそれぞれに応じてゴールが違うからです。

CVRの基本情報でもお伝えしたように、CV(コンバージョン)とするゴールは様々なものがあります。
例えば、下記のようなものです。

  • 問い合わせ
  • 資料請求
  • 会員登録
  • 商品の購入・申し込み

上記以外にもありますが、一般的に多いCVは上記のようなものでしょう。
ただ、考えてもらいたいのは、「資料請求」と「商品の購入・申し込み」では明らかにコンバージョンへのハードルが違いますよね?

無料でできる「資料請求」のほうが、ハードルが低いためCVRは高くなるでしょうし、「商品の購入・申し込み」はお金がかかるため、ハードルが高くCVRは低くなります。

この様に、ゴールをどこに設定するのかによって、CVRは大きく変動していきます。
そのため、自社の商品やサービスに最適なゴールはどこかを分析して、CV設定をしていく必要があります。

業界や商材、流入経路によってもCVRは大きく変動する

一般的なWEBサイトにおける平均CVRは約1〜2%です。
ただ、上記のCVRはあくまで、目安です。

それぞれの企業の業界や扱っている商材に応じてCVRは大きく変化します。

ジャンル別に見るCVRの平均値

ジャンル別に見るCVRの平均値

それでは、続いて実際のCVRの平均値を確認していきましょう。
前述したとおり、業界や商材、流入経路によってCVRは変動しますので、そこを踏まえてご紹介します。

業界・商材別のCVRの平均値

米国のWordStream社の研究によると、業界別の検索広告の平均CVRは下記のグラフ用ようになります。

出典:2022 Google Ads & Microsoft Ads Benchmarks for Every Industry (New Data!)

上記グラフを見ていただいたら分かる通り、アパレル / ファッション&ジュエリーでは2.06%ですが、動物&ペットでは15.45%と業界によって大きな幅が出ることがわかりました。
一番CVRが高い業界は「動物&ペット」でしたが、2位は「医師&外科医」、3位が「歯医者&歯科サービス」、4位は「自動車 – 修理、サービス、部位」と緊急性の高い業界がCVR高いことがわかりました。

逆に、低い順としては、「アパレル / ファッション&ジュエリー」が2.06%、「家具」が2.59%、「ショッピング、収集品、ギフト(全般)」が3.07%、「不動産」が3.52%となりました。
このことから、購入に迷うような高価なものや緊急性の低い業界は、ハードルが高くなりCVRが低くなるということが判明しました。
1位の「動物&ペット」と比べると、約13%もの差が広がっています。

経路・媒体別のCVRの平均値

続いて、経路・媒体別の平均CVRをお伝えしていきます。

米国WordStream社が調査した結果(2017年8月〜2018年1月)では、すべての業界におけるGoogle検索広告の平均CVRが3.75%、ディスプレイ広告では0.77%という結果になりました。
検索広告の場合、抱えるニーズ・課題が明確なユーザーが多く、CVへ直結しやすいということがわかります。

出典:2022 Google Ads & Microsoft Ads Benchmarks for Every Industry (New Data!)

続いてモバイルに絞った結果ですが、検索広告が2.3%、拡張テキスト広告が3.6%、ローカルビジネスで多い通話専用広告の場合、21.36%という結果がでています。
通話専用広告は、業界が限られるため出稿できる企業は絞られてしまいますが、すごい水準のCVを獲得することが可能となるでしょう。

また、動画広告の場合のCVRは平均2.06%、アプリインストール広告に関しては、9.93%となっております。
動画広告の需要も高まってきており、CVRも比較的高いことからブランディング向上などで活用される機会が増えてきました。
また、アプリインストール広告に関しても、非常に高いCVRを誇っており、アプリのインストール数を向上させたい企業にとっては、有効的な広告媒体となっているでしょう。

出典:Google Mobile Benchmarks – by Ad Type! [DATA]

CVRが低くなる原因とは?

CVRが低くなる原因とは?

自社のCVRを確認してもらい、上記平均値と比べて低い企業も多いでしょう。
ではなぜ、CVRが低くなってしまうのでしょうか?その理由について考えていきます。

CVRが低くなってしまう原因は、いくつもありますが大きく分けて2つの原因が考えられます。
ユーザーとのズレ」と「時期・環境等とのズレ」です。

ユーザーとのズレによりCVRが低下する

ユーザーとのズレとはどういうことでしょうか?
広告の内容やWEBサイトのコンテンツがユーザーとズレているということを指しております。
例えば、下記のような状況ではCVへ至らずに離脱してしまう可能性が非常に高くなります。

  • ユーザーが求めている情報がどこにあるか分からない
  • 企業側のメッセージばかりで欲しい情報がない
  • 問い合わせや資料請求への手続きが複雑で難しい
  • ターゲティングやペルソナの設定が出来ていない

上記のような状況の広告やWEBサイトは多く存在しております。
広告やWEBサイトを活用するということは、結果として企業の利益・売上に還元されるため、企業主体で考えてしまうことが多いのです。
ただ、ユーザーがどう考えて広告やWEBサイトを見ているのかを考慮して工夫しなければ、上記のようなズレが生じてしまうのです。

時期・環境等とのズレによりCVRが低下する

また、ユーザーだけでなく、時期や環境によりCVRは大きく変動します。
例えば、スーツの販売は冬〜春にかけて多くCVされますが、その他の時期では少なくなったり、BtoB向けの広告では平日ではCVRが高くなりますが、休日(土日)ではCVRは低くなったりします。

それだけでなく、市場の変化も大きく影響してしまうので、トレンドを見てクリエイティブやコンテンツを変える必要もでてくるでしょう。

この様に、時期や環境、市場などによって、CVRは大きく変動してしまいますので、考慮する必要があります。

CVRを改善するためのポイント5選

CVRを改善するためのポイント5選

低下する原因が分かったと思いますが、続いてCVRを改善・向上させていくために必要なポイントを5つに絞ってお伝えしていきます。
自社にできていないポイントから改善をしていくとよいでしょう。

LP(ランディングページ)の改善

まずは、LP(ランディングページ)を改善していきましょう。
LPとはランディングページの略で、広告運用をするために必要なWEBページのことです。LPの改善とは、具体的に「短時間でユーザーを惹きつけられるように」改善することを指しております。

LPが複雑だったり、反対に簡素だったりすると、ユーザーは興味や関心を抱くことがなくなりそのページから離脱してしまいます。
きちんとユーザーに対して分かりやすく、イメージやグラフ、キャッチコピー、CTAなどを配置して、求められている情報・コンテンツを含めることにより、ユーザーが欲している情報を的確に伝えることができるため、離脱率は低下しCVRは向上するでしょう。

このように、LPを最適化することをLPOと言います。
LPOについては、「LPOとは?ランディングページ最適化をする方法について徹底解説」で詳しく解説しておりますので、合わせてチェックしてみましょう。

カスタマージャーニーの改善

LPを改善するだけで、CVRが大きく変動することもあるでしょう。
ただ、LPだけではなく、カスタマージャーニーも一緒に改善・最適化していく必要があります。

カスタマージャーニーとは、日本語に直訳すると「顧客の旅」となっており、顧客やペルソナの購買までの一連の動きの流れを可視化したものとなっております。

デジタル環境・市場というものは、急速なスピードで変化をしていっており、商品やサービスの購買までのプロセスも同じように変化をしております。
そのため、LPだけではなく、検索意図や広告の配信、LPへの移動などユーザーのすべてのプロセスを把握して、最適化していく必要があるのです。

カスタマージャーニーについては、「カスタマージャーニーとは?事例や作成方法を解説」で詳しく解説しておりますので、合わせてチェックしてみましょう。

コンバージョンとなるゴールを変更する

コンバージョンとなるゴール(コンバージョンポイント)を変更するのも効果的です。
具体的には、ハードルが高いコンバージョンポイントから、ハードルが低いコンバージョンポイントへ変更することにより、CVRを向上させることができます。

例えば、問い合わせをコンバージョンポイントとしている場合、更にハードルの低い無料の資料請求やウェビナーの申し込みなどに変更すると良いです。
すぐに提案をするというわけではなく、まず自社の商品やサービスについて認知してもらうことを目指しましょう。

ターゲット・ペルソナを明確に設定

そして、ターゲットやペルソナを明確に設定していきましょう。
例えば、高性能かつ高価格なSEOツールを初心者である担当者に向けてアプローチした場合、CVへつながることは少ないでしょう。
CVRを向上させていくためには、しっかりと自社商品・サービスに対してニーズを抱えるターゲット・ペルソナを設定して、最適化していく必要があります。

ターゲットやペルソナの設定が上手く出来ていない場合、LPのデザインやコンテンツ、カスタマージャーニー、キーワードの選定などがズレてしまい、結果としてCVRが下がってしまうのです。

そのため、顕在的なニーズを持ったターゲット・ペルソナを設定しましょう。
顕在的なニーズを持っている顧客をターゲットにすることで、CVへつながる可能性は増安ことが可能になります。ただ、絞りすぎますと潜在顧客へアプローチすることができなくなりますので、加減を考える必要があります。

WEBサイトの構造を改善する

続いて、離脱率を低くするためにWEBサイトの構造を改善しましょう。

例えば、問い合わせや資料請求などのCVへつながるCTAボタンが分かりにくい場所にあると、CVに繋がるページへ移動する前に離脱してしまいます。
そのため、CTAはわかりやすい場所に設置したり、大きさを変更したり、複数設置したりすることにより、ユーザーが遷移しやすいようにします。

その他にも、フォームなども改善しましょう。
時々、入力フォームが多いものがありますが、入力フォームが多いほどCVRは低下してしまうので注意が必要です。
入力フォームを多くすることにより、情報を多く収集することはできますが、ユーザーにとってはその分入力する手間が必要になるため離脱してしまうのです。

改善方法としては、Googleなどの自動入力機能が使えるように工夫したり、郵便番号を入力すると途中まで住所を挿入したり、入力出来ていない箇所を分かりやすく表示したりすることで、改善をすることができます。

最後に

今回は、CVRが低下する原因や向上させるためのポイントについて解説をしました。
CVRの改善は、単にCV数を増やすことだけではなく、広告費を下げるなどのメリットもございますので、自社の現状を解析し、何が足りないのか、どうしたらCVRを上げることが出来るのかと考えて改善していく必要があります。

SEOなどと同じですが、CVRも「ユーザー」を中心に考えていくことがとても重要です。
ユーザーが何を考えているのか、どういう意図で自社のサイトを閲覧しているのか、とユーザー視点で考えていくことで、その解決策を見出すことができるのではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました